知っていますか?違憲審査制

違憲審査制というのは、法令などが憲法に適合しているかどうかを審査し、決定する制度のことをいい、その性質にいくつかの違いがみられる場合もありますが、世界各国で採り入れられているものです。
わが国の場合、日本国憲法第81条の規定により、最高裁判所は、いっさいの法律、命令、規則、処分が憲法に適合するかどうかを決める終審裁判所としての権限をもっていることが明示されています。
このなかには、国の法律と同様に、地方公共団体が議会の議決を経て定める条例が列記されていませんが、解釈としては、条例も当然含まれるものといわれています。
また、学説上の争いがないわけではありませんが、通説として、わが国の場合には、裁判所がすべての法令について違憲であるかどうかを抽象的に判断できるというのではなく、法令に関連した何らかの具体的事件がある場合についてのみ、その事件に付随して違憲かどうかの判断を下し得るものとされています。
この考え方は、昭和27年に最高裁判所大法廷が下した、いわゆる警察予備隊違憲訴訟の判決において、司法権の行使には具体的な訴訟の提起を必要とするという部分にあらわれており、また、この判決においては、最高裁判所はあくまでも終審であって、それ以外の下級裁判所においても、違憲であるかどうかを審査する権限は行使できるとしています。

ê6qh0E››RB0‹0irTL0¿ŠŒTW0_0P'`¢nŒ0‹0¬0ü0Ç0ó0¤0á0ü0¸0h00Ý0Ã0È0„0¸0ç0¦0í0n0W¸‚irj0i00¬0ü0Ç0Ë0ó0°0n0™Qw’0ÎS2“0