客観訴訟とは?

客観訴訟は別名を客観的訴訟といい、離婚などの個人の問題ではなく政治や法律の改善によって国民の暮らしをより良くするための訴訟のことです。ちなみに離婚の訴訟など個人の問題に関する訴訟は主観訴訟といい誰でも起こすことができますが客観的訴訟は法律によって定められた特別な人しか起こすことができません。客観的訴訟は主観訴訟に比べて非常に少なく起こされるのは例外的な場合のみとされています。客観的訴訟は民衆訴訟と機関訴訟の2つに分けることができます。民衆訴訟は国や地方公共団体の法規に従っていない不当な行為に対して起こせる訴訟です。その国または地方公共団体への選挙権があることが裁判を起こす資格となっています。つまり選挙権をもっていれば被告の不当な行為によって不利益を被っていなくても訴訟を起こすことができます。原告の利益不利益と関係がないため客観的な訴訟で客観的訴訟と呼ばれるのです。民衆訴訟に関しては地方自治法や公職選挙法などといった法律によって定められています。機関訴訟は国または地方公共団体どうしで起こされる訴訟です。議会と長の間や大臣と知事の間で起こされます。機関訴訟は一般市民は起こすことができません。

コメントは受け付けていません。